2015年6月19日 by admin

思わぬ好条件の物件も!?交渉しやすい物件とは

長期間入居者のいない物件

出来るだけ条件の良い部屋に住みたいものですよね。賃貸住宅というのは、交渉によってより自分の希望に合った物件を選ぶことができるものです。しかし、交渉できない物件というものがあって、それはたとえば新築の物件や、人気の高い物件などです。逆に交渉がしやすい物件というものもあって、長期間人が住んでいないという物件は交渉しやすい物件だと言うことができます。そういう物件は人気がない物件ともいえるので、大家さんも妥協してくれるケースが多いのです。

築年数の古い物件も狙い目

賃貸物件の中で交渉がしやすい物件というのは、一概に行ってしまえば人気のあまりに物件です。そういう意味では築年数の古い物件というのは、人気が低い傾向にあり、したがって交渉によって良い条件を獲得しやすいのです。とはいえ、条件の良くない部屋にはできれば住みたくないものですよね。なので築年数が古い場合は、家賃の交渉よりも、内装の充実の交渉、つまりリフォームなんかを頼んでみると良い結果が得られ鵜かもしれません。

交通の便が悪いなどの物件も

交通の便があまり良くない物件なども、交渉しやすい物件です。またそれ以外にもその物件にあまり誉められるものではない特徴があったりしたら、思い切って交渉してみてはどうでしょうか。たとえば、部屋の近くにお墓があるとか、駅からかなり遠くてバスなどの公共交通機関のアクセスが悪いなどといった物件は、いわば交渉にとっては良い条件がそろっていると言え、大家さんも譲歩してくれて、折れてくれるということも良くあるのです。

札幌市豊平区の賃貸で人気のエリアは福住と平岸です。どちらも地下鉄沿線にあることと、駅周辺にお店が充実していることなどが理由です。