2015年6月20日 by admin

賃貸住宅に住むメリットって、どんなことでしょうか?

賃貸住宅なら、自由に引越しができます

最近、マイホームを購入せずに、ずっと賃貸住宅に住み続ける人が増加する、という傾向が見られます。それには、いくつか原因がありますが、賃貸住宅に住むメリットが多いことも事実ですので、いくつか挙げてみましょう。まず、ライフスタイルや家族構成、仕事の都合など、様々な状況において、自由に引越しができることが挙げられます。特に、住んでみてから近所とのトラブルや周辺の環境に満足できなかった、というような場合、マイホームなら我慢しなければなりませんが、賃貸住宅なら、引っ越すことで問題解決できます。

固定費用も最小限度に抑えられます

賃貸住宅に住んでいると、自己所有の場合必要になる、土地建物の固定資産税、都市計画税、修繕積立費などの支払いが不要です。また、一定期間ごとに発生する建物や室内のリフォーム費用を負担することなく、きれいな物件に引越しすることが可能です。銀行ローンの負担もなく、毎月の家賃を支払うだけ、という気軽さがあります。また、景気変動による土地や物件の価格の変化に一喜一憂することもなく、仮に収入が減ったとしても、それなりの物件に引っ越すことで対応できます。

何よりもプレッシャーが少ないのでは?

自己所有の物件の場合、長期間にわたり住宅ローンの支払い義務が課され、これが精神的なプレッシャーになります。また、地価の下落や物件相場の変動に伴い、ローン残額と物件価値とのバランスなどに注意することもあります。賃貸住宅に住んでいると、これらの不安は全く感じることがありません。地震、台風、土砂崩れ、地盤沈下などといった自然災害の発生に伴う資産の損害やその後の費用負担などを気にすることもありません。と考えると、賃貸住宅に住むほうが精神的なプレッシャーははるかに少ない、といえるのではないでしょうか。

札幌の賃貸物件の中でも、特に駐車場完備の物件が注目されています。その最大の理由は、通勤やショッピングにマイカーを使う人が多いからです。