2015年7月27日 by admin

賃貸住宅でも自分好みな部屋にカスタマイズしよう!

賃貸でオシャレな部屋にカスタマイズしたい!

分譲住宅に住んでいる場合は家の中は基本的に住人の資産ですので、基本的にどんなリフォームやカスタマイズをしても大丈夫です。でも、賃貸住宅だとお金を払ってレンタルしている形になるので、契約が終了したらその部屋、もしくは家は他の誰かが住むことになります。そのため、賃貸に住んでいると気にいらなかったり使いづらかったりして自分好みにカスタマイズしようとしても、退去時に現状復帰や修繕費を求められたらどうしようと思い、なかなか手が出しづらいですよね。

簡単に現状復帰ができる賃貸向けのインテリア

壁を壊して部屋を広くしたり、キッチンを取り替えたりといったことは確かに賃貸では難しくなっています。そんな時、少しでも部屋を変えたいという方には賃貸でも使える現状復帰が可能なインテリア商品があります。例えば、北欧から人気に火がついたウォールステッカー。こちらは壁に貼り付けてお部屋の印象を変えることができる、シール状の商品です。100円ショップなどでも安価で販売されていることもあり、手軽にイメージが変えられます。

賃貸住宅をカスタマイズするには

日本の住宅では主に塩化ビニール製の壁紙が使われているため、賃貸住宅で勝手にその壁紙を張り替えることは難しいですが、近年は海外製の不織布製の壁紙を今ある壁紙の上に貼って、おしゃれな壁を楽しむこともできます。専用の糊を使うか、両面テープを使って貼ることにより、退去時に綺麗に壁紙を剥がして現状復帰が可能なのです。また、近年はDIY住宅を謳い、入居中は部屋を好きなだけカスタマイズでき、退去時に現状復帰をしなくてもよい賃貸住宅もあります。賃貸住宅を選ぶ際は、このような条件も視野に入れて探すと良いでしょう。

帯広市は十勝地方の経済や産業の中心地となっており、市街地も多くあります。広範囲に渡って比較的交通アクセスが良いので、帯広の賃貸物件は便利です。